« 2010年10月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

Bumper Harvests!!!

 たった今、メールが届きました。

 今年は、ジンバブウェのあちこちでたくさん雨が降ったようで、豊作になりそうだ!という内容でした!!

 ついこの間まで、雨が特にマシンゴ周辺では降っていないという情報もあって、心配していたのですが、これで少し気分が楽になりました。よかった、良かったhappy01heart04

 次の出張はまだ先(春~初夏)なのですが、なんだか、急に行きたくなりました。暖かいだろうしなぁ・・・。こっちは寒いので、今朝も、ジンバブウェ行きたいなぁ・・と思っていたところです。

 とにかく、よかったです。また連絡が来たら、ご報告します!(お)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

蟻を食べる続編

 DADAでは、メディア・ウォッチという情報収集をしています。日本の新聞に載ったアフリカ記事を集計しているものです。

 情報収集にはボランティアでいろいろな地域の方が参加してくださっていて、新聞の他に購読されている雑誌の切り抜きを送ってくださる方もいらっしゃいます。

 この年末に送っていただいた切り抜きに、THE BIG ISSUE JAPANという雑誌に「世界・アジア・日本」という連載記事がありました。155号に「昆虫食」(筆者:松岡理恵)という記事が載っていて、アフリカ南部で、バッタやイモムシ、シロアリなどを食べると書かれていました。そうか・・・、南部だけなんだ、とあらためて思った次第です。

 その記事によるとナイジェリアでは、キリナ・フォルダという野蚕の幼虫を食べるらしいですが、ジンバブウェも、幼虫食べますね。乾燥させて食べる保存食です。乾煎りすると結構美味です。

 この記事によると、世界のあちこちで昆虫がいろいろ食べられているというのがわかります。日本の長野県でも昆虫がよく食べられているとかかれてあります。イナゴとかザザムシとかはもう高級珍味ですよね。上記の「バッタ」というのも、「イナゴ」と考えれば、それほど驚かないです。ちなみに、「バッタ」と言っても、すべてでなくて、前に書いた「蟻」と同じで、食べる種類が決まっています。

 そういえば、以前、シャシェ村にイナゴを土産に持っていったら、「女こどもの食べるものだ」といわれました。でも、男性がたくさん食べて・・・・、感想は「甘い。ここらでは、塩味。」といわれたのですが、イナゴ、塩味で食べられるかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

つづき(ありを食べる話)

おとといの続き、ありを食べる話です。

Ca3c0008_2  これがあり。いくつか種類があるみたいで、大中小というサイズの違いや、干し方の違いで、味がかなり変わります。ハラレにいる日本人の友人はこれが大好きですが、味にもうるさく、3種類もっていったら、ひとつだけ気にいってくれました。

 私は、見ちゃうと食べられないので、夕飯の前に、食べる?といわれるといただけるのですが、昼間、モノを見ちゃうとやっぱりね。。。、すみません、ごめんなさい・・・と思いつつ、「今はいい~。後で食べる。」なんていってました。子どもがおいしそうに食べてましたね。「大きくなれよ」って感じで見てましたが。栄養価は高いだろうというのは、食べててもわかります。

 で、肝心の蟻塚ですが、食べられる蟻塚は、これ。大きな木の下にありました。

Ariduka_2 なかなか大きなりっぱな蟻塚でした。細い草の茎を穴につっこむと、それにひっかかってくる蟻をつかまえる、というなんか、釣りみたいな感じです。

 まぁ、初心者の私はうまくはできませんでしたが・・・。それを、干していただきます。

Cimg0639_2 この時期は種まきや開墾など体力が要る作業が続く時期で、そのため栄養価のあるものが必要になる割りには、あんまり他にこういうものが取れない時期でもあって、アリは貴重は蛋白源&エネルギー源。

 逆に言えば、こういう時期にありが食べられるというのは、神様がそこのところを理解して、食べられるようにありのカレンダーを作ってくれたのかなぁと、手前勝手な解釈をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

Fusigi_2 

 今年、賀状につかった写真の一つです。

 ひとつ、というのは、個人で出す賀状や、仕事あいてに出す賀状とかで、写真も文面も変えているので。

 これ、蟻塚です。道路のどまんなかにあるんです。道端とか、畑のはしっことかに小さくあるのではなく、堂々と(サイズはかなり小さいですが)道路どまんなかに鎮座ましましています。

 でも、この蟻は食べられません。アフリカだけではなくてタイとかでも、蟻はたんぱく質の供給源としてよく食べられていますが、どの蟻でもいいってもんではない。この蟻塚の蟻は食べられないそうです。

 ではどんな蟻が食べられるの?それは、明日、アップしますね。

 いや、実は、この写真を使った年賀状に、解説は、ブログまでという風にご紹介したものだから、あせってアップしたしだいです。私は、写真はすべてHDDに保存していて、パソコン本体(CDとか、すべて外付けのL社のB5サイズです)には残っていないので、明日、写真を探してきてアップします~。

 ということで、今年も、こんな調子ですが、宜しくお願いいたします。(お)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年3月 »