« 年明けてあらためてジンバブウェ報告です。まず11月10日分 | トップページ | 11月12日 雨が降りました! »

2010年1月 8日 (金)

報告:11月11日

 さて、気になる物価とモノですが

 店にはモノがあふれています。でもすべて米ドル建て。

 久しぶりに会った店のオーナーは、「色々あるけどまぁ、なんとかやってるよ」と言っていました。客はゼロではないので、そこそこ売上げがあるのでしょうか。

 そこでは白砂糖2キロが1.8米ドルで売っていました。隣の大きなスーパーでは同じ白砂糖2キロが1.7米ドル。でも茶色い砂糖は同じ2キロなのに1.8ドルなのです。隣の小さな店に対抗しているんでしょうかね?どこかの国の量販店みたいです。

 この大きなスーパー(自称高級スーパーを名乗っていますが)には、なんとリンツチョコレートのコーナーが設けられたり、昔と変わらず派手なデコレーションケーキ(書いて思ったのですが、なんと懐かしい呼び方でしょう!)が並んでいたりと、色々なものがあるのですが・・・誰が買うんでしょうかね・・?でも、売れてるみたいですねぇ・・・。

 例えば、いまブログを送ろうとしているネットカフェですが、紅茶とカプチーノそれぞれ2米ドル。サンドイッチはどれも8ドルします。それに加えて、ネットをする際には最低10$するカードが必要なので、お茶一杯で粘ったとしても12米ドルは必須になる計算・・・。

 いや、ネットカフェなんて使うのは一部の人、外貨がある人なのですが、こういう店が市内のあちこちにあるということは、それだけの層が増えてきたということか、外国人が多くなってきたということか、市内の電話が使えなくなってきたというわけか、それはまだわからずですが・・・・。

 しかし、
 外貨になってしまったために、当然、買える層はわずかになっているだけでなく、しかもその層および仕入れ業者は国外で調達をしてくるわけですので、国内の中間層以下の人にはお金が下りてこないと指摘する声があります。経済はまったくまわらない状況になっています。

 昨夜聞いた話では、先生の給料だけでなく、公務員の給料が100$~150$と上限が決められたのに加え、連立政府がこの基準に合うように企業にも規制を敷いているようです。もちろん、肉とかパンとかのおまけをつける訳で、中には、学費や家賃の一部補助をしている企業や雇い主もあるにはあるようです。 とは言うものの、それで生活費がまかなえるわけもなく、どうなってしまうのか、先行き暗いです。

 いずれにしろ、モノは南ア製品が郡を抜いていて、市場一人占めという感じ。
ズマ大統領も、ムガベ大統領がいるうちは下手な手出し(?)をしないだろうが、次の世代になってしまったら南アが何しだすかわからないと思っている人は多いようです。私もおもわずうなづきました。あくまでも南アを信用していない私の私見ですが。

20091111a  さて、写真は、ネットカフェの8米ドルのサンドイッチ。こちらに住む知人に見せたら「おいしそう」と言っていました。はい。美味でした。なんと、卵サンドもツナサンドも、チキンサンドもビーフサンドも同じ値段なので、ついビーフを頼んでしまいました・・・。

 それと、お茶は確かに2ドルと書いてあったのですが、請求をみたら1ドルになってました。これはもしかしたら食事した場合のセット値段?

金曜日あたりから村に行く予定です。
では~。

|

« 年明けてあらためてジンバブウェ報告です。まず11月10日分 | トップページ | 11月12日 雨が降りました! »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報告:11月11日:

« 年明けてあらためてジンバブウェ報告です。まず11月10日分 | トップページ | 11月12日 雨が降りました! »