« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

ジンバブウェとジンバブエ

 一つ前の記事から、ジンバブウェの後に、(ジンバブエ)と併記させてもらっています。これ、実は、グーグルとかの検索で、ジンバブエと書かないとヒットしないかなと思っての苦肉の策goodです。

 DADAでは、国名の日本語表記を「ジンバブウェ」としています。それは、一部のアフリカ研究者の間で「より原語の発音に近い表記を」ということで「ジンバブウェ」を使う主張にDADAが賛同しているものです。

 確かに、現地で知人が発音しているのを聞いても、アクセントは、”ジ”ではなくて、”バ”にあるので、そこがちょっと伸びてこの”ジンーブウェ”という音に聞こえる。なるほど、”WE”のところは”ウェ”だよなぁと納得danger。このブログのタイトルも「ちょこっとジンバブウェ」にしています。

 でも、ジンバブウェはまだマイナーな扱いなので、検索とかで引っかからないかも・・・。そう思って、(ジンバブエ)と併記することにしました。(ジンバブエ)を見たら、あ、現地ではジンバブウェの音のほうが近いんだなぁと思ってください。(お)

DADAのサイトはこちら (DADA もう一つのブログ:事務局便りが、サイト表紙の下のほうにあります)

クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路

 なんか仕事に追われていると、ついつい更新が遅れるものですね。反省despair

 さて、去年の7月ごろに、ジンバブウェ(ジンバブエ)の新聞に、「高速道路通行料」rvcarなんてニュースがありました。高速?・・・・。そうです。ジンバブウェには、HighWayと呼ばれる道路があります。そこで7月から通行料金がとられるようになったというニュースでした。

 高速道路と言っても、南アフリカから来る人にとっては、これが高速?と言われるかもしれません。柵とかないし、高架にはなっていないし、別に車専用道路にもなっていないし、路肩には人や自転車が通るし、時々(いや、結構coldsweats01)牛も横切るし・・・。

 でも、ジンバブウェ国内の主要幹線道路というだけでなく、マラウィやザンビアと港(南アフリカ)と結ぶ、南部アフリカの重要な幹線道路であることには間違いありません!

 で、今回(作年末)に行った時に、撮って来ました。これが高速料金の表示板です。

Ca3c0137mini

  レベニュー・オーソリティ(日本でいうと税務所ですね)は、かなり力をいれていまして、料金所(といっても、トールゲートではなくて、人が立っていて、道路わきにはテントが)ではかなりの人数の所員の人が、「総出」という感じで徴集しています。かなりの歳入になっているらしく、ウハウハだろうなぁ。でも、この歳入がそのまま道路の保全に使われるわけじゃないですよね、きっと。税金だから、他にも必要なことはたくさんあるから仕方ないけど、雨季で道路がゆるんできて穴あいたり、波打ったりしている場所があるので、それ直してもらいたいです。はい。

 料金所、ちゃんとチケットくれます。会計報告に添付しちゃったので、写真とって今度またアップしておきます。

 最近、くらしの写真ばっかりですね。そろそろ政治の話も書かないと・・・。(お)

DADAのサイトはこちら (DADA もう一つのブログ:事務局便りが、サイト表紙の下のほうにあります)

クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

イリ フレシの写真を変更・一部加筆しました

 イリ・フレシのうさぎさんの写真、今日PCの写真を整理していたら、もう少しわかりやすい写真がでてきたので差替えました。みてみてください。ついでに文章も一部書き直しました。

 ところで、

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村 に登録したところ、初登場16位になりました!

でも、最初だから皆さんがのぞいてみてくれただけかなと思ってたのですが、今日14位になってました。これってやっぱりものすごく励みになりますね。なんだ、更新してないじゃん、と思われないように、こつこつ更新していこうと思います。

クリックしてくださった方、ありがとうございますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスケット

 Ca3c0374

ジンバブウェのビスケットのご案内です。いえ、別に通販しようと思っているわけではないのですが・・・。

 これは、Michelというメーカーのお菓子です。もうひとつ、Lobelというメーカーの二つが、私的には、2大菓子メーカーだと勝手に決め付けています。一時、店頭から消えていたので、今回戻ってみて種類も沢山でてきたので一安心というか、嬉しくなって買い込みました。

 一番手前の長い箱が、ジャム・サンドです。その名の通り、ジャムがはさんであります。2000年にジンバブウェに住み始めた頃、知人がお茶に出してくれたのが最初。

Ca3c0542c  ところが、今回、箱をあけてびっくり。なんと、箱の3分の2くらいまでしか入ってないではないですか。変だと思って、重量を見てみると、200gと書いてあって、ちゃんと200gありました。

 Ca3c0543c_2 Ca3c0544c_3

 おかしいなと思って、中を見てみると、なるほど、わかりました。大きさと厚さが違います。大きくなった気がするし、薄くなっている気がしました。(といっても、昔のものが手元に残っている訳ではないので、カンでしかないのですが。)

 根気のある方は、ぜひ、2番目の写真を拡大して、箱の写真を見てみてください。ほら、なんとなく、カンパンのような丸みを帯びたというか、2枚のビスケットがあわさっている形をしていますよね?前は看板?通りだった気がします。

 きっと、色々製造過程であって、この形になってしまっているんだろうけれど、箱は以前の規格のものをそのまま使っているからなのでしょうね。ウソはついていないんだけど、なんとなく、悲しいなぁ・・・。こういうのを出し続けていたら、やっぱり経済発展は難しいだろうなぁと、あんまりこういうのは書きたくないんだけど、これはこれで現実として・・・ね。

 でも、味は結構いけますよ~。ジンバブウェに行く機会があれば、ぜひお試しを!(お)

   

DADAのサイトはこちら (DADA もう一つのブログ:事務局便りが、サイト表紙の下のほうにあります)

クリックお願いします↓ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

今日から

今日からにほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報に登録しました!これで訪問が増えてくれると嬉しいです。

クリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

メディア・ウォッチの頁も見てください

 新年になって、ジンバブウェ記事、載りませんね。でも、年末にジンバブウェドルの新札を売っているという新聞広告がありました。いわく、「驚愕の紙幣、100兆ジンバブエドル緊急輸入!」というタイトル。

091221_090801  これが最近新聞紙上で見たジンバブウェかと思うと、ちょっと悲しいです。すみません。ちょっと小さな写真で。携帯壁紙サイズでとったもので・・・。いや、こんな広告の写真はっつけてどうする?という感じでありますが・・・。

 メディア・ウォッチの頁、あまり更新していないので肩身が狭いのですが、ブログ(事務局便り)のほうで、ブログだけ更新しています。

 今日は、毎日新聞に欧州の移民排斥の動きが報道されていました。こちらのブログも診てくださいね。DADAサイトの表紙の下のほうに貼ってあります。(お)

こちらのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Snap】イリ フレシ

(うさぎの写真、文章を一部変更しました。2010.1.1)

Cimg0525_2 うさぎ、です。ショナ語でツロと言います。

 このうさぎ、何でも食べますが、この家では、コボとかレープとかケール呼ばれている葉ものの茎をあげています。ケールといってわからない方いらっしゃいますか?プロ野球のJ球団のH監督が宣伝をしている青汁の素になっているあの葉っぱです。現地だと、ほうれん草と彼らは訳してくれますが、いや、ほうれん草というよりも、そうですねぇ、ブロッコリーの葉っぱが一番近いかなぁ。

 で、ウサギ小屋は高床式?の小屋なので、えさが時々落ちている。暇つぶしに、落ちていたえさを拾い上げて与えたら、最初は食べるんだけどすぐに食べなくなってしまいました。

 ちょうど、食事の準備をしていたので、おばさんから茎を数本もらって与えたら、食べる、食べる・・・。しかも、さっきまでバケツの下にいて出てこなかった黒いもう一匹まで出てきて、競うように食べ始めました。 それを見ていた同僚が言った台詞がこれ。「イリ フレシ」(これはフレッシュです。) う~ん。うさぎだって、フレッシュなものとそうでないものの区別はつくよなぁ、と思った、なんでもない写真です。うさぎ、必死に食べてるのがわかりますか?

 ところで、ケールの茎、私が料理する時は茎も食べてます。田舎は全部人間が食べるんじゃなくて、家畜にもとっておかないといけないから、茎は食べないですね。だから田舎で食べる野菜のつけあわせは、柔らかいですhappy01

 ちなみに、フレシは、英語の「フレッシュ」がショナ語に変化した言い方。他にも豆は「ビンジ」というし、なんか、かわいらしいなぁと、聞くたびに思います。

こちらのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Snap】水を手みやげに

Ca3c00112a 今日は、写真についてたメモをご報告します。

タイトル:「水を手みやげに」

 左の写真は、「マゾエ」と呼ばれている濃縮還元的(?)ジュースの素のボトル。「マゾエ」というのは、商品名で、今ではほかの企業とか南アの企業のものも多く入っているのですが、村では皆さん、「マゾエ」と呼びます。すごいですねぇ。まるで日本の「宅急便」みたいなところでしょうか。2リットル入るので、かなり頑丈で重宝します。

 坂の上のお宅(大体1キロくらい離れてる)に行くよと、泊まっている所のおばさんに言ったら、これを持ってきて、そこで売っているドロあるいは7DaysBeerと呼ばれる地酒を買ってきてくれといわれて渡さされたわけです。

 ドロは、農村では重要な換金手段。だいたい村の中で、何曜日は誰、何曜日は誰と、暗黙のうちに作り手が決まっているのです。今日は火曜日だから、●●さんちに買いに行こうという風に。もちろん、誰々さんが一番うまい、とか好みとかもあるんですが。

 え?地酒の味ですか?う~ん。見た目はマッコルリ(でしたっけ?)、韓国のお酒に似ているというと、なんとなく伝わるでしょうか?マッコルリと違って雑穀で作るので、味はあんまり似ていないですね。今度、作っている写真をアルバムにしてアップしますね。いや、それじゃ味はわかんないんだけど。

 あ、本題に戻ります。で、渡された容器一杯に水が入っていたんですね。瞬間、なんで?と思ったんだけど、考えてみたら、上の方の地域では、井戸がない。水は毎日2回、川に行って汲んでいるんです。飲料用は、川の水じゃなくて川べりの砂地のところに穴を掘ると水が湧き出てくるので、その水を汲むんですね。

 私の泊まっているところは、前の農場主が掘った深井戸が近くにあるので、水は割合楽に手に入る。こちらの人は、手ぶらでは訪問しないと言われてますが(日本人に似てますねぇ)、そうか。水が手土産になるんだなぁと、なんとなく、感心したので、撮ってみたのでした。

 ちなみに、この地酒のドロ、2リットルで1米ドルです。

こちらのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

11月13日 実感

毎回到着してすぐにすることは、新聞を読むこと。今回はいつもお世話になっている方が前回いた後の新聞をすべてとっておいて!くださったので、この間の動きがより判るようになりました。ウェブサイトから見られると言っても、やはり、こうして紙で読むほうがよりストレートに情報がはいってきますよね。若い人は新聞読まないとか、新聞は不要だという声が多いですが、いやぁ、そんなことないと思うんだけどなぁ。

しかし、今回新聞を見て最初に思ったのは、写真のこれ。
20091113b 20091113_2

そうなんです。値段のところ。ジンバブウェドルの表記が消えてしまっているのです。
前回、前々回(去年)から実際に使っているのは外貨ということはわかっていたのですが、こうして目の当たりにすると、こんなになっちゃったんだなぁとため息がでます。
タイム誌とかニューズウィーク誌とか、全世界で売られている雑誌はこういう表記がしてありますが、こちらの新聞の場合は意味が違う。全然インターナショナルなんかじゃないよ~と、ちょっと哀しくなりました。

帰国したら、もともとのジムドルの表記があった古い新聞を取り出して値段のところ写真アップしますね。

さて、写真にある新聞の記事は、MDC党員ロイ・ベネット氏の訴訟についてです。
この人が何者か?ということも含めて、色々ニュースを読んだので、次の機会にお伝えしたいと思います。

ところで、雨ですが、おととい「やった~!雨季だぁ!」と思ったのもつかの間。すぐに止んで昨日の午後からまたまた晴天の日が続いています。洗濯物は乾くからありがたいですが(Pさんありがとう!)、雨降らないと困るんですけど・・・。

(お)

こちらのクリックをお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月12日 携帯買いました。

20091112b 携帯買いました。私が日本で使っているauの携帯を並べて撮ってみました。ほんと、小さいです。でもこちらのサイズが世界スタンダードなんですよね。ふむ。

さて、昨日報告したネットカフェの件ですが、私の読みでは、

→有線電話の請求金額が、膨大になっているため、人びとが優先電話を使用しなくなっている。
→自宅でネットをするのをやめてカフェにいく。店によっては1ドルのお茶代でねばれるし。
→ネットカフェは、ブロードバンドになっているので回線速度も早い。(より便利)

というのが、はやっている理由ではないかと思います。

 もちろん外貨が日常的に使われるようになったことで、外貨と内貨のレート差が生じなくなって、外からモノを持ち込む業者にとってとりっぱぐれというか、損をしなくなったのが一番の理由なんだと思うのですが。

 ネットカフェで接続できるサーバーはいくつか種類があるようですが、わたし達が最初につかったのは、これまでこちらで使っていたZOL(ジンバブエ・オン・ライン)というサーバーが運営するその名もZOL SPOT。カフェの看板と並んで看板が出ているので、すぐにわかります。ZOLSPOT共通で使えるカードを10米ドル(写真)で買い、パスワードとIDをゲットします。10米ドルで使える量は50MB。

 同様な理由で、家の電話はつかわずに携帯(プリペイド)を使用している人が多いようです。私の友人(複数)がそうでした。彼らが最近買った携帯電話の局番がそれぞれ0192と0193だったのですが、昨日私が買った携帯は0195でした。「もう5になっている~」とは知人の言葉。そうですよね。そのうち誰も優先電話つかわなくなってしまうんじゃないかなぁ。

 金曜日に南アから見学に来ているNGOの人にお会いして、土曜日にシャシェに行きます。

**********

この携帯電話ばやりの真相ですが、どうやら、加入電話がものすごく法外な請求をだしてきたらしく、皆、さっさと加入電話に見切りをつけて一声に携帯電話、しかもプリペイド携帯を使うようになったというのが、一番大きな理由のようです。そうだよなぁ。私だって、法外な請求きたら、止めるぞ。(お)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月12日 雨が降りました!

11月12日 雨が降りました!

昨日(11日)の夜8時過ぎあたり、どしゃぶりの雨が降りました!あわせて雷も。30分ほどで止んだのですが、また夜中になって大雨が降っていました。いやぁ、本格的な雨季到来という感じで、嬉しいです。

でも、肝心なのは農村地域で降ってるかどうか。この(ハラレ)あたりで降らなくてもいいのでマシンゴが降っているといいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報告:11月11日

 さて、気になる物価とモノですが

 店にはモノがあふれています。でもすべて米ドル建て。

 久しぶりに会った店のオーナーは、「色々あるけどまぁ、なんとかやってるよ」と言っていました。客はゼロではないので、そこそこ売上げがあるのでしょうか。

 そこでは白砂糖2キロが1.8米ドルで売っていました。隣の大きなスーパーでは同じ白砂糖2キロが1.7米ドル。でも茶色い砂糖は同じ2キロなのに1.8ドルなのです。隣の小さな店に対抗しているんでしょうかね?どこかの国の量販店みたいです。

 この大きなスーパー(自称高級スーパーを名乗っていますが)には、なんとリンツチョコレートのコーナーが設けられたり、昔と変わらず派手なデコレーションケーキ(書いて思ったのですが、なんと懐かしい呼び方でしょう!)が並んでいたりと、色々なものがあるのですが・・・誰が買うんでしょうかね・・?でも、売れてるみたいですねぇ・・・。

 例えば、いまブログを送ろうとしているネットカフェですが、紅茶とカプチーノそれぞれ2米ドル。サンドイッチはどれも8ドルします。それに加えて、ネットをする際には最低10$するカードが必要なので、お茶一杯で粘ったとしても12米ドルは必須になる計算・・・。

 いや、ネットカフェなんて使うのは一部の人、外貨がある人なのですが、こういう店が市内のあちこちにあるということは、それだけの層が増えてきたということか、外国人が多くなってきたということか、市内の電話が使えなくなってきたというわけか、それはまだわからずですが・・・・。

 しかし、
 外貨になってしまったために、当然、買える層はわずかになっているだけでなく、しかもその層および仕入れ業者は国外で調達をしてくるわけですので、国内の中間層以下の人にはお金が下りてこないと指摘する声があります。経済はまったくまわらない状況になっています。

 昨夜聞いた話では、先生の給料だけでなく、公務員の給料が100$~150$と上限が決められたのに加え、連立政府がこの基準に合うように企業にも規制を敷いているようです。もちろん、肉とかパンとかのおまけをつける訳で、中には、学費や家賃の一部補助をしている企業や雇い主もあるにはあるようです。 とは言うものの、それで生活費がまかなえるわけもなく、どうなってしまうのか、先行き暗いです。

 いずれにしろ、モノは南ア製品が郡を抜いていて、市場一人占めという感じ。
ズマ大統領も、ムガベ大統領がいるうちは下手な手出し(?)をしないだろうが、次の世代になってしまったら南アが何しだすかわからないと思っている人は多いようです。私もおもわずうなづきました。あくまでも南アを信用していない私の私見ですが。

20091111a  さて、写真は、ネットカフェの8米ドルのサンドイッチ。こちらに住む知人に見せたら「おいしそう」と言っていました。はい。美味でした。なんと、卵サンドもツナサンドも、チキンサンドもビーフサンドも同じ値段なので、ついビーフを頼んでしまいました・・・。

 それと、お茶は確かに2ドルと書いてあったのですが、請求をみたら1ドルになってました。これはもしかしたら食事した場合のセット値段?

金曜日あたりから村に行く予定です。
では~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けてあらためてジンバブウェ報告です。まず11月10日分

20091110 皆様、新年あけましておめでとうございます。

お正月の間に、あれもこれもしようと思っていたのですが、不覚にも風邪をひき、完全な寝正月になってしまいました。そこで、今日から、ジンバブウェ報告を今頃ですが、アップしたいと思います。

報告第一弾は11月10日(ひぇ~、もう2ヶ月も前!!)の報告です。時差がありますが、読んでください!

*******************

11月10日

ハラレにつきました。
これから12月初旬までの一ヶ月、こちらにいます。

 いつもですと、報告をこのブログにアップするのですが、今回はネットカフェでネット接続して送ることになりました。

 ですので、ウェブサイトをひらいて直接ブログを書くより早い(=安い)、普通のメールで原稿を日本に送って、DADAスタッフからアップしてもらうことにしました。担当は、ウェブサイトを管理してくれているFさんです。Fさん、よろしくお願いします。

 こちらは、雨季が始まっているのに、雨はほとんど降っておらず、到着した日もハラレでは15分のお湿り程度が降っただけでした。名物ジャカランダの紫の花も少し残っていますが、今は街のあちこちで、火炎樹の花が咲いています。写真もそれ。

ということで、報告第一弾でした!

**********

なんだか、ものすごく昔の話のような気がしますが・・・。

こんな調子でアップしていきますので、ぜひ読んで下さいね。では!(お)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »