« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月21日 (水)

2月6日、ボランティアフォーラム2009で講演します

このフォーラムは3日間あるのですが、その初日のオープニングでお話をさせていただきます。そのタイトルがなんと・・・

「ジンバブウェでは札束を抱えて買い物に行くってホント?!」

いえ、ほんとです。タイトルがほんとじゃなくて、タイトルの内容もほんと。ほんとなんですが、もう少し正確に言うと、札束を抱えて行っても買えないときは買えない・・・。

タイトルは、このブログを見ていただいて考えてくださったみたいで、タイムリーなタイトルかなと思って、そのまま使わせていただきました。

詳しいことは、主催団体の東京ボランティアセンターの公式プログラムサイトをご覧下さい。全体プログラムのサイトと、オープニングプログラムのサイトがあります。地図や申込方法などは、全体プログラムをご覧下さい。

日時:2月6日(金)18:30~20:10

定員80名(申込はプログラムサイトから)
3日間のプログラム参加費:1000円)

会場・問合せ先
東京ボランティア・市民活動センター (ボランタリーフォーラム担当: 近江・宮田)
TEL : 03-3235-1171 / FAX : 03-3235-0050
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10F
( 開所時間、交通アクセスについてはこちらhttp://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html

スケジュール:
18:00ー18:05 主旨説明・出演者紹介
18:05ー18:45「ジンバブウェでは札束を抱えて買い物に行くってホント?!」
尾関 葉子(DADA日本とアフリカの開発のための対話プロジェクト代表)によるジンバブウェ報告
18:45ー19:00 質疑応答
19:00ー19:10 セッティング作業・休憩
19:10ー19:50 「『チャレンジワークバンド』のチャレンジ挑戦」演奏:チャレンジワークバンド
19:50ー20:00 まとめ

初日だけでなく、土日も色々なプログラムがあります。ぜひぜひおこしください。

★次の週2月14日には、DADA主催のジンバブウェ帰国報告会があります。こちらもぜひご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月14日、帰国報告会をおこないます(ご案内)

 帰国しました。

 帰国したものの、東京のあまりの寒さに、ブログをさぼっています。ごめんなさい。クリスマスの様子やいろいろお伝えしたかったのですが、時差がありすぎですよね。でも、ちょっとずつまたアップしたいと思います。

 ジンバブウェfでは、こちらのブログでもお願いしておりましたが、種支援として来年の種のための作付け用に種を寄付してまいりました。活動のご報告とあわせて、尾関が見てまいりましたジンバブウェの姿をお伝えしたいと思います。

タイトルは未定。現在検討中です。あと3週間しかないのに、何故未定かって?実は、まだきめかねているのです。報道とは違うジンバブウェをお伝えしたいということがひとつ、でも、報道はウソでなくて、状況が厳しい場所は、本当に厳しい。死者も出ていますから。そして、村も、コレラなどがはやっているさなかの場所よりは良いかもしれないけれど、厳しいことには変わりない。そんな状況を見てきて、一番言いたいことをひと言で表すタイトルを探しているのですが、なかなか決まらない。う~。今週末までにはタイトル決めたいのですが、タイトル決まってないと、広報もできないので、つらいです・・・。

ということで、日時だけでも、ご案内させてください。

日時 2月14日(土)午後3時~5時
(その後、近所の店で懇親会あり。別料金)

参加費:300円 (資料代、ジンバブウェのマコニ茶つき)

場所:調布市市民活動支援センター内 はばたきスペース
 東京都調布市国領町2-5-15 調布市市民プラザ あくろす 2階
   

参加ご希望の方は、お手数ですが、DADAまでご連絡ください。
人数の把握の関係で、事前にお申込いただけますと助かります。
お申込は、メール:dada-africa★nifty.com(★を@に変えてお送り下さい)
(またはFAX:042-444-6934) (当日も受付ます)

★京王線の国領駅は、各駅しか止まりませんので、新宿方向からおいでの方は急行に乗り、「つつじが丘」で、府中・八王子方面からお出での方は、「調布」駅で、それぞれ各駅停車にお乗換え下さい。

★ 会場までの道順
京王線「国領」(こくりょう)駅下車 (各駅停車)   
改札を出て右の階段をおり、ビルの角(薬局)を曲がると、ビルの入り口があります。   
西友の入口の手前、左側にある階段またはエレベーターで、2階へ。
エレベーターでて左折するとガラスドアの入り口があります。

**************************
2月14日(土) 「ジンバブウェ帰国報告会」申込みフォーム

お名前
ご連絡先

6時からの懇親会に ( )参加する   ( )参加しない

**************************

DADA の事務局便りでもご案内しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

写真まとめて

通信速度が遅いので、あまり大きな画像はアップできませんでした。途中で回線がエラーになってしまうので。

でも、画像が何もないのも淋しいと思って、小さくしてアップします。先ほど、各ブログにもアップしましたが、再度。

たのみの綱はミルトン(12月15日)

Ca3c000200012b_4  これがこちらで売られている「ミルトン」。Hayashimotoさん、コメントありがとうございました。日本のミルトンはもう少し可愛かった気がしますが、たぶん同じ。

コレラよりマラリア (12月11日)

 コレラよりマラリアという話題になったとき、知人が貸してくれたのが、写真のラケット。なんとその名も「電気蚊取りラケット」。ガットが金網で、微量の電流がながれるようになっていて、ハエや蚊をこれでたたいて焼き殺す・・・というわけです。
Ca3c00012b_2  村では案外、蚊が少なかったので、使う機会がなかったのですが、雨が多いハラレに戻ってきたら、ハエがたくさんいて、このラケットで狙いを定めて、「焼き殺し」てました。でも、二日、一所懸命ハエをおいかけていたら、次の日なんだか
右腕が筋肉痛に・・・。

おつりはチューインガム(12月17日)

Ca3c00010001b_3  これが、おつりにくれた(?)チューインガム。ひとつ10ミリオンZ$です。

 別のスーパーでは、おつりじゃないけど、端数あわせで、インスタントラーメン買ったりしました。それがこれ。

 

081216_203801_2 ひとつ0.85米ドル。お湯をそそぐだけのタイプ。モーリシャスものです。この日はまだ50ミリオンZ$=1米ドルで、買い物の合計は、8.05米ドルだったんだけど、おまけしてくれて2米ドルおつりをくれました。レシートはおつりがしっかり1.95と印字されてるんだけれど、集計の時、こまらないのかなぁ・・・とふと思ったりして。

コレラ小康状態?

 コレラですが、当地の新聞では、小康状態になったという報告がありました。

 政府系日刊紙ヘラルドによると、世界保健機構(WHO)は、ジュネーブから5人の専門家から成るチームをジンバブウェに派遣していますが、11月24日以来上昇していたコレラの患者数がすこし減ったと発表したそうです。もっとも、チェグツとチルンド(ザンビア国境の町)で新たに感染が報告されたというおまけつきなのですが・・・。

 チェグツは、前にご報告したチトゥンギザと同じく首都ハラレ近郊。チトゥンギザがハラレの南東で、チェグツはハラレ南西にあたります。ちなみに、チェグツは、前住んでいたアパートの持ち主が住んでいる地域。

 このチェグツでは、133名が死亡、他に746名が感染しているという報告されていて、水道管の汚染が原因と考えられているようです。これでコレラによる志望者は926人になったと新聞に政府発表がされていました。

081218_151101_2  ところで、写真は、政府系新聞HERALDの一面右下に毎日掲載されているコレラ予防情報。コレラにならないように、食品は信頼のおける店で買いましょう、とか、水は煮沸してとか、煮沸できない場合は、薬で浄水してとか。一番右端は、コレラの兆候がかかれています。激しい下痢や吐き気、鼻血、倦怠感などなど。

 新聞は、いま、25ミリオンしていて、いまコレラにかかっている人たちは、新聞買わないんじゃないかなぁと思ったのですが、買っている層の人たちの家や会社で働く人もいるわけだから、やっぱり新聞のこういう情報って必要ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードネームはウサ

日本語には、外来語というか、和製英語が沢山ありますが、ジンバブウェでもイングリッシュならぬショングリッシュと呼ばれるほど、英語をショナ語化した外来語が沢山あります。この間も、マシンゴから帰って来てとっておいてもらった新聞をとりに行った時、「・・・・モテライ?」と聞かれたので、モテライは何かの動詞か?と思って聞きなおしたところ、ホテルとかモーテルという言葉のショングリッシュでした。

いま、一番気にいっているのは、「ウサ」。実は、これ、USAドルのことです。いえ、そのまま読んでるだけのことですが・・・。日本人なら、なんとなくわかりますよね?USA=ウサ。

ちなみに、ランドは、「マ・ランズ」。ジンバブウェでは、「マ」という複数を表す巻頭詞があるのですが、この「マ」は、外来語にもよく使われます。トマトとかは、「マ・ドマシ」と呼びますがそれと同じ。

最初に聞いたとき、兎?と思いました。でも話があわないし、ゾウでもあるまいし、うさぎがショナ語で「ウサ」なわけがない。ランドと一緒にでてくるのですが、最初わからなくて、ウサ?と聞き返したら、「ダラ」と言われて、それを二度繰り返してもらって、おぉ~、ドルのことかぁと納得、それからは、自分も、お金を払う時には、マ・ランズ?ウサ?と聞いたりしていました。

その話をあるとき別の日本の人に話をしていたら、「コードネームみたいだね」と。それで、こんなタイトルにしてみました。(お)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真アップしました

メール環境のよいところにいるので、写真をあっぷしてみました。
12月中のブログ、写真とあわせてもう一度ご覧下さい。

Ca3c00092b これは、シャシェ村のAZTRECスタッフの畑の写真。これを友人に送ったら、とても評判でしたのでここにもアップ。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »