« コレラの報道で考えたこと | トップページ | 公教育の危機 »

2008年12月22日 (月)

クリスマス商戦まっただ中の土曜日

さて、コレラの話はさておき、土曜日は、クリスマス前最後の土曜日でした。
金曜日で仕事が終わり、1月中旬までの休みに入る人も多く、なんとなく周囲がざわざわしています。

土曜日の午前中に、写真の焼付けをしようと、大学の近くにあるショッピングセンターにでかけたところ・・・・ものすごい人だかりでした。ちょうどクリスマスということもあって、その様子は、子供の頃、毎年、年の瀬になると母親に連れられて行かされた三越のデパ地下そのもの。黒山の人だかりという感じでした。売り子さんの掛け声がかかるわけではないのですが、入り口近くでは、バラフォン(木琴)演奏もされていて、子供用の遊びスペースもにぎわっていました。

Ca3c00030002c 写真で見ると、結構「地味」ですね。音がないのが残念。入り口は、整然としていますが、店の中は本当に年末商戦です。

このインフレでどうやって皆買い物をするお金を工面するんだろう?と思うものの、村の知人のように、これまで切り詰めてきたのかもしれません。レジに一緒に並んでいたある女性は、メモ用紙を実ながら買い物を確認していました。

コレラとかインフレとか、暗いニュースばかりの昨今ですが、せめて、クリスマスだけは、家族と楽しみたい。
皆、そう思って、買い物をしているのかもしれませんね。

ところで、このスーパー、これまでは、午前7時から午後7時までの営業だったのですが、昨日行ったら、「24時間オープン!」と書かれた看板や垂れ幕があるではないですか!このご時世に本当だろうか?2日で24時間の間違いでは?などと誰も信用しません。友人は、夜中の0時に言ってみようかと冗談を言っていましたが、それはさすがに危ないので、実行していないと思いますが。

|

« コレラの報道で考えたこと | トップページ | 公教育の危機 »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス商戦まっただ中の土曜日:

« コレラの報道で考えたこと | トップページ | 公教育の危機 »