« 国会開催しました | トップページ | 吉國恒雄著 『燃えるジンバブウェ』 »

2008年9月 1日 (月)

NGO活動停止処置解禁!?

 金曜日のSW RadioAfricaのニュースで、ジンバブウェのNGO活動停止処置が解除されたと言う報道が流れていました。毎日新聞でもジンバブウェをずっと追っていて、今朝(ウェブサイトでは昨日も)の新聞に載っていましたね。

 政府発表は金曜日にあったようで、NANGO(ジンバブウェNGO協議会)の広報官ファンバイ・ンギランデ氏が確認したと言うことでした。とはいうものの、氏によると、具体的にどのような措置がとられるのかは不明だということですね。たしかに、実際、政府筋は、公式に、「NGO活動停止はあくまでもフィールドのみ」、「食糧配給は(NGO主導の活動ではなく、政府主導の活動でNGOはあくまでも協力団体なので)対象外」、「HIV・AIDS患者に対するケアは例外的に扱う」と言っていたにも関わらず、実際にフィールドでは、ローカルの警察が、活動はできないとワーカーが返されるケースが後を絶たなかったわけですから・・・・。

 国連のバン総長も、29日に、この措置を「歓迎する」プレスリリースを発表しています。国連は政府やNGOと共に人道支援を進める用意があるとコメントしていますが、お願いだから、食糧が足りない地域とか避難している人がたくさんいる地域だけでも早く支援してあげてもらいたいものです。

政府発表が金曜日だったので、NANGOをはじめとして、NGOのステートメントはまだ出ていないのですが、引き続きフォローしますね。(そういえば、政府は、この数年、こうした発表を金曜日にすることが多いですよね。週刊新聞とかNGOとかがアクションできないのをねらっているんでしょうか?値上げとかもそうだったしなぁ。(お)

 *毎日新聞は、月が替わると、アーカイブが消えてしまうので、もしこのブログを翌月またはそれ以降に読まれた場合は、リンクが無効になってしまっているかもしれません。ご了承ください。

*DADAのホームページサイトはこちら→http://homepage3.nifty.com/DADA/

|

« 国会開催しました | トップページ | 吉國恒雄著 『燃えるジンバブウェ』 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGO活動停止処置解禁!?:

« 国会開催しました | トップページ | 吉國恒雄著 『燃えるジンバブウェ』 »