« パラフィンで会報発行作業大騒ぎ | トップページ | 値上がりの様子 »

2008年8月16日 (土)

パラフィンの続き

 ブログさぼってました。

 いろいろと行事とかが重なると、ブログをついさぼってしまいます。毎日書いている人ってすごいなぁとしみじみ。

 さて、会報で誤植というか入力ミスが多発したので、訂正を切り貼りしている間に、時間が経ってしまいました。ミスのひとつである「パラフィンとは  のこと」とあけておいたままで印刷してしまったのですが、正解は、

 パラフィンとは「灯油」のことです。

 色々とさがしてみたら、パラフィンと言うのは、用途も形状も色々あるのですね。炭化水素化合物(有機化合物)の一種らしいです。だから何と言われてもわからないけど・・・。同じ説明の中で、イギリスや南アフリカでは、灯油のことを差す、と書いてありました。

 パラフィンは、店でも売っているようですが、私が知っていたのは、ガソリンスタンドで売っていること。5年くらい前までは、GSに行列が並んでましたが、ここ数年は、ないから、人も並ばないという風に変わっていました。

 会報は、結構力作だと自分たちでは思っています。ご希望の方は、ぜひ事務局:dada-africa@nifty.comまでご連絡ください。(お)

|

« パラフィンで会報発行作業大騒ぎ | トップページ | 値上がりの様子 »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラフィンの続き:

« パラフィンで会報発行作業大騒ぎ | トップページ | 値上がりの様子 »