« パラフィンの続き | トップページ | 今だ合意ならず »

2008年8月18日 (月)

値上がりの様子

夏休み中に、PCを制していたら、4月9日に書いた(と思われる)ブログの下書きがありました。調べてみたら、まだアップしていないみたいなので、補足して、書きます。

肌身にしみた値上がりの現実

Ts340671一見同じに見える、この瓶(プラスチックですが・・)

これは、マカデミア・ナッツ・バターです。
ピーナッツ・バターは世界中で有名ですが、これはそのマカデミア版。

4月のジンバブウェ訪問中に、ストラットヘブンという地区にあるスパ(SPA)というスーパー(駄洒落ではありません)で見つけたので、味見のつもりで一つ買って帰りました。

結構美味。
甘いものは苦手な人も、『酒のつまみになる』というコメント。確かに、野菜スティックにつけてもいけそうだし、サワークリームと混ぜてチップス用のディップにするのもいけそう・・・。

で、『酒のつまみになる』と言った知人が、その日の午後に買いに行ったのです。

すると・・・・。
なんと、値上がりしていました。

Ts340672これがその証拠。 (小さくてすみません。値段のラベル読めますか?)

午前11時57分に私が買ったときは227M(=227,000,000ZD)で、数時間後のに知人が買ったときの値段が、380M(380,000,000)。

『残り2~3個と言ってたけど、棚にずらっと並んでたから、あれ?と思ったらね・・・』というコメントでしたが、はぁ、これが値上がりの現実なんだと実感したしだいです。

 ちょっと前の朝日新聞の社説で、『卵一個の値段が朝から夕方の間に何百倍にも跳ね上がる』(2008年7月8日、3総合面・3頁)と書かれていました。確かに値上がりは異常ですが、さすがに、これはちょっと言いすぎかなと思いますけどね。(お)

 

|

« パラフィンの続き | トップページ | 今だ合意ならず »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値上がりの様子:

« パラフィンの続き | トップページ | 今だ合意ならず »