« 1000億Zドルとデノミ | トップページ | パラフィンで会報発行作業大騒ぎ »

2008年8月 1日 (金)

1000億ドルとデノミ(続き)

 今朝書いた、1000億ドルの紙幣(正確には銀行代用券というか兌換券)ですが、朝日新聞のウェブサイトには、ロイター配信の写真が載っていますね。こちら

 報道によると、『そもそもの原因はモノ不足にある』とかかれてますが、モノが国内にないわけじゃないんです。市場に出てないだけ。そこにも書かれているけど、いわゆる値上がりを抑えるために、業者に一方的な『公定価格』(でも助成金なし)を指示したために、誰も、正当な値段をつけられない国内市場にはモノを出さずに、国外とか闇とかに流すようになったわけです。でも、だからといって、その価格ないと、この調子だと、もっと寝あがってしまいそうで・・・。ある方は、その気になればすぐに改善できるはずって言ってるけど、それってどうすればいいの?(お)

 

|

« 1000億Zドルとデノミ | トップページ | パラフィンで会報発行作業大騒ぎ »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1000億ドルとデノミ(続き):

« 1000億Zドルとデノミ | トップページ | パラフィンで会報発行作業大騒ぎ »