« ジンバブウェ選挙その後 | トップページ | パンは千倍 »

2008年4月26日 (土)

ハラレから第一報

ハラレに着きました

半年振りにハラレに来ました。

統一選挙の後、大統領選の結果公表が遅れていて、南部アフリカ全体が(世界が?)かたずをのんでいるところ、市内は思ったより、平穏でした。

一部の噂では、僅差で大統領が勝ったという報道があったようで、昨日は、ブラワヨで開催された貿易フェアで、ムガベ氏が、「大統領」としてあいさつをした模様です。

かたや、野党は、いわゆる連立政権の提案をしており、南部アフリカ複数の国の首相や元首相が、仲介を名乗り出ています。

●街は一見・・・
学校が始まるのは来週ということもあって、子ども達の姿がまだ街中に多く見られました。

ちょうど給料日であったため、銀行のATMの前に長蛇の列が見られました。

●ハイパーインフレ

すでに新聞報道などで騒がれている「ハイパーインフレ」ですが、高額紙幣がたくさんでまわっていて、ミリオンが通常の単位になりつつあります。

たとえば、パンひとつが、30ミリオン。数字になおすと、
30、000、000
ある店では、一番左の3桁だけを書いて、30とか300とか表示しているところもあります。

桁数がこれほど違ってくると、どのくらい値上がりしたのか、見当もつきません。

紙幣は、5000万(500ミリオン)、2500万(250ミリオン)札がでました。帰国したら、写真を掲載したいと思います。

困るのは、おつり。最初は、支払い時にもたつかないように、大きい紙幣で出すのですが、帰ってくるおつりが、細かな紙幣の束でくる。あせっていると、200,000を200ミリオンと勘違いしたりして、小さすぎる、とか、「俺が数えてやろうか?」とからかわれたりします(^_^;)。

現在、対米ドルの価値は、公定レートで30000Zドル=1米ドルですが、闇では105、000,000~100,000,000という話で、今は、日本円も105円前後なので、大体、1円=1ミリオンという計算が成り立ってしまいます。

それでいくと、パンの30ミリオンは、30円くらいということになります。

国内のインフレはものすごいにも関わらず、対外貨で換算すると、驚くほど物価が安いということになり、外国人や外貨にアクセスできる人にとっての価格と、外貨や田舎にアクセスがなく、食料もままならない人との格差がものすごい勢い
で開いていっているような気がします。

|

« ジンバブウェ選挙その後 | トップページ | パンは千倍 »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジンバブウェ選挙その後 | トップページ | パンは千倍 »