« 3月のインフレ率 2200%に!でも輸出は快調・・・。 | トップページ | 4月30日ハラレ環状線をドライブ? »

2007年5月 1日 (火)

4月28日 ひとつ4680円のたまねぎ!

ハラレに来てすることの一つが、値段のチェック。しかし、ここ最近では物価高があまりにものすごいので、比べようもないというのが実感です。なにせ前に来たのは半年前なので、今と前の値段ってどのくらいの差なのか全然思い出せません。

でも、ちょっと驚いたふたつの値段についてご紹介。

9620ジンバブウェドル(Z$ってことは、公定レートの250Zドル=1米ドルとして、1米ドルがだいたい120円だと計算すると、なんと、ひとつ4680円ということになります。さすがに、ひとつしか買えませんでした。。。。(記念写真をとってありますので、見ていただきたいのですが、こちらからだとアップができないみたいで・・・後日アップします。アップされていたら、東京のメンバーがアップしたのだと思ってください。)Tamanegi

もう一つは、マコニ茶。
なんどかDADAの会合でお出ししているマコニという地域で昔(植民地時代にイギリスが紅茶栽培を導入する前)飲んでいたとされている野草茶があります。
ここでは、店ごとに値段がちょっとずつ違うので、大概複数の店で値段をチェックしてからモノを買うのですが、マコニ茶の場合、50gのパックが4万Z$~5万Z$でした。
で、とりあえず4万のをひとつだけ買おうかなと思って別のスーパーに行ってみたら、なんと!棚の奥に忘れられたように置かれている箱5つには「6948」のシールが。。。。これは商品番号であって、値段ではないのではないか?などと考えたものの、在庫5つをかっさらうようにしてかごにいれてレジで値段を聞くと、確かに6948。他の店では4万なのにという言葉を飲み込んで5つ買おうとすると、レジのお兄さんが「ベリーチープ」(笑)。そうですよ、安いですよ。思わず<ルール違反>ですが独り占めしてしまいました。

これはどういうことかというと、この国では、仕入れ値にあわせてロットごとに値段をつけています。数年前までは、同じ棚にある同じ商品でもロットで値段が違うので、値段表示が二つあることがあったのです。最近では、値上がりするたびにシールを付け替えたり、値段表示を商品ではなく棚につけて常に値上げをたやすくできるようにしたりしていますが、これは新しい値段をつけるのを忘れたか、(売れなかったから)次の仕入れがずっと来なかったので、前の値段になったままだったのでしょう。でも、いつの値段だったのでしょうかね?案外それほど昔ではないのかもしれません。
ということは、ほんの短い間で値段が跳ね上がるということが繰り返されているということになるのですが・・・。去年の家計簿を持ってきていないので、比べられないのですが、日本に帰ってから、チェックしてまたブログでご報告します。

|

« 3月のインフレ率 2200%に!でも輸出は快調・・・。 | トップページ | 4月30日ハラレ環状線をドライブ? »

くらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月のインフレ率 2200%に!でも輸出は快調・・・。 | トップページ | 4月30日ハラレ環状線をドライブ? »